患者への負担が少ない手法|整形手術でたるみを改善|目の下を整形するメリット

整形手術でたるみを改善|目の下を整形するメリット

患者への負担が少ない手法

女性

メスを入れない手法も発展

目の下の皮膚のたるみは、それ自体が顔の印象を暗くする上に、たるんだ皮膚が作る影により、黒いクマが目の下にあるように見えてしまいます。美容外科においても目の下のたるみ除去は希望者の多い人気のカテゴリになっており、各クリニックが力を入れています。目の下の皮膚のたるみの治療方法は大別して、メスを入れる本格的な外科手術と、メスを入れない患者への負担が少ない方法に分かれます。メスを入れる方法では、たるんだ皮膚に対してメスを入れ、脂肪の除去や余った皮膚を切り取って治療します。顔の筋肉や皮膚に張りを取り戻す確実な効果がありますが、メスを入れるため腫れが出たり、術後に日常生活に戻るまでの時間が長くなりがちです。それに対し、最新のレーザー、超音波技術を用いることでメスを入れずに治療を行う手法が現れ、近年人気を集めています。このように先進技術による治療法の革新は常に行われており、事前に調べて医院を選ぶことで、体への負担が少なく、かつ効果の高い治療を受けることができます。

患者への負担が少ない手法

上記メスを入れずに目の下のしわ、たるみの除去を行う手法としては、レーザー治療や超音波や熱を使った治療、ヒアルロン酸などの注入治療がそれにあたり、患者への負担が少なく、かつ除去効果も高いものとなっています。レーザー治療は患者の皮膚表面にレーザー光を照射することで皮膚のコラーゲンを作る細胞を活性化し、皮膚の弾力を回復します。肌へのダメージも少なく、すぐに日常生活に戻れます。他には、超音波や熱を肌に当て、それらを皮膚の深層にとどかせ刺激することにより、コラーゲンの再分泌を促す手法もあります。また、患部に肌に対する水分や弾力を取り戻させる成分であるヒアルロン酸を注入する方法もあり、注入直後から効果がすぐに表れる人気の高い手法です。上記のように先進技術により患者への負担を減らしつつも効果の高い手法を積極的に取り入れている医院が近年評判になっており、そういった医院を選ぶことが効果的な治療を受けることにつながります。