キズをつけない方法|整形手術でたるみを改善|目の下を整形するメリット

整形手術でたるみを改善|目の下を整形するメリット

キズをつけない方法

ドクター

表れるまで時間がかかる

女性は歳を取るとホルモンのバランスが崩れ、弾力を失い目の下にたるみが生じることがあります。加齢が加速すると見た目が衰えるだけではありません。自信を失いテンションが下がって、気持ちまで暗くなってしまいます。そのようにならないためにも、毎日のお手入れが重要です。手を抜けばそれが将来肌に表れるので、若いうちから自分に最適なケアを選択し持続させなければなりません。しかし、目の下のたるみを完全に食い止めることはできず、限界があります。若返りたい、目の下のたるみを解消させたいと望む人はレーザー治療がおすすめです。レーザー治療なら肌をキズをつけることなく弾力が出て、徐々に若々しさがよみがえります。ただ、メスを使う整形のように即効性はなく、はっきりとした効果が出るまでに時間がかかります。

注意しなくてはならない

「レーザー」とは、光のパワーを深部に到達させて、肌を活性化させる治療方法です。新陳代謝が活発になる影響でターンオーバーが促され、加齢で失われたコラーゲンの生成もアップします。目の下のたるみが目立たなくなるだけでなく、シワも薄くなるので一石二鳥です。ただ、レーザー治療を受けるときに注意しなくてはならないことがあります。それは日焼けをしていると熱を与えることによって刺激を与え、炎症をおこす可能性があることです。しかもシミとなって残ってしまうおそれがあるので、日焼けしている肌で受けるのだけはやめましょう。治療後はレーザーで受けた効果を最大にいかすために、ローションや美容液で肌を整えることも大事です。